セントラル・ステーション/CENTRAL STATION

41wo25TIohL._SL160_

【ストーリー】

父親を探す少年と、それを手伝う初老の女性との心の交流を軸に描いたブラジル発の珠玉のロード・ムービー。監督は、ドキュメンタリーも手がけるヴァルテル・サレス。脚本は、ジョアン・エマヌエル・カルネイロとマルコス・ベルンステイン。リオの中央駅で代筆屋を営む中年女ドーラ(フェルナンダ・モンテネグロ)の所へ、少年ジョズエ(ヴィニシウス・デ・オリヴェイラ)と母親がやって来た。だが、父親への手紙を依頼した直後、母親が交通事故で急死。ドーラは行き場を失ったジョズエを家に連れ帰り、翌日、彼を養子縁組斡旋所に売り渡した。しかし、そこが臓器売買組織だと知って慌てて連れ戻し、住所を頼りに父親探しへ旅立つ。途中で無一文になりながらもジョズエの機転で切り抜け、父親の家にたどり着く。そこには、ジョズエの腹違いの兄達が行方不明の父の帰りを待っていた。翌朝、眠っているジョズエを残し、静かにドーラは立ち去るが・・・。

【キャスト】

フェルナンダ・モンテネグロ、マリリア・ペーラ、ヴィニシウス・デ・オリヴェイラ、ソイア・ライラ、オトン・バストス、 オタヴィオ・アウグスト


FC2字幕1/2】【2/2