いちげんさん ICHIGENSAN

51CQw8mRboL._SL160_

【ストーリー】

1996年すばる文学賞を受賞し芥川賞候補ともなったデヴィッド・ゾペティの原作小説を映画化したラブ・ストーリー。京都の四季のうつろいの中に、外国人留学生と盲目の日本人女性の愛と別れを描き出す。鈴木保奈美の引退作になった作品でもあり、公開当時、彼女が大胆なヌードシーンを披露したことでも話題となった。1989年、古都・京都。大学で日本文学を学ぶスイス出身の留学生「僕」は、町でガイジン扱いされることにうんざりしていた。ある日、彼は盲目の女性・京子に本を読んで聞かせる対面朗読なる仕事を引き受ける。対面朗読は、舞姫から始まった。朗読の合間、ふたりは様々な会話を楽しみ、町へ出ていくことも多くなった。やがて、深く心を通わせるようになったふたりは恋に落ち、結ばれる。季節は巡り、卒論を仕上げた僕にフランスのテレビ局の通訳の仕事が舞い込んだ。その仕事の成功により、パリで就職先を紹介して貰った彼は日本を離れることを決めるが・・・。

【キャスト】

エドワード・アタートン、鈴木保奈美、中田喜子、渡辺哲、藤田宗久、蟹江敬三、塩屋俊


FC2動画1/2】【2/2